PHABRIX 限定標準販売条件

顧客の注意は第9節の規定に特に引かれる。

1. 通訳
1.1 定義。これらの条件では、次の定義が適用されます。
「営業日」 (土曜、日曜、祝日以外) ロンドン市内の銀行がビジネスのために開かれている日。
「条件」この文書に規定された条件は、条項11.6 に従って随時改定されるものとします。
「契約」これらの条件に従ってプロダクトの販売および購入のための製造者と顧客間の契約;
"顧客" サプライヤーから製品を購入する人;
「不可抗力事象」には、第10条に規定する意味があります。
顧客の発注書に設定されているように、製品の顧客の注文を "受注" します。
"製品" 製品 (またはそれらの任意の部分) は、サプライヤの書面による見積書に設定されています。
「価格」又は「価格」とは、条項7.1 に規定されている、元工事 (EXW) 業者の敷地価格をいう。
"仕様" 顧客にサプライヤーによって書面で発行された製品の任意の仕様;
"サプライヤー" PHABRIX はオメガの家、企業の方法、ネイチャー、バークシャー、RG19 4AE、英国 (会社番号05402777とイングランドとウェールズに登録) の限定;
"サプライヤーの敷地" オメガハウス、エンタープライズウェイ、ネイチャー、バークシャー、RG19 4AE、英国;
条項5.1 に定義されている「保証」。
"ウェブサイト" www.phabrix.com。
1.2 建設。これらの条件では、次の規則が適用されます。
1.2.1 人は自然な人か企業または非法人のボディ (別の法的人格を持っているかどうか) を含んでいる。
1.2.2 当事者への参照には、その個人の代表者、承継人または許可された割り当てが含まれます。
1.2.3 法令または法定規定への参照は、改正または再制定された法令または規定への参照です。法令または法定規定への参照は、改正または再制定として、その法令または法定規定の下で行われたすべての従属立法が含まれています。
1.2.4、特に、または類似の表現を含む用語によって導入されたいかなる語句も、例示と解釈し、それらの用語の前にある言葉の意味を制限してはならない。
1.2.5 書面または書面への参照には、fax と電子メールが含まれます。

2. 契約の根拠

2.1 これらの条件は顧客が課すか、または組み込むか、または取り引きの貿易、習慣、練習またはコースによって暗示される他の言葉の排除への契約に適用する。
2.2 注文は、これらの条件に従って製品を購入する顧客によるオファーを構成しています。お客様は、注文の条件と適用される仕様が完全かつ正確であることを保証する責任を負います。
2.3 注文は、サプライヤーが注文の書面による受諾を発行するときに受け入れられるとみなされるものとし、その時点で契約は存在に入るものとする。
2.4 仕入先および顧客が、条項7.5 に記載されている見積請求書を実行する場合、このような見積請求書は、顧客が支払に際して条件付仕入先から受領された顧客からの注文のサプライヤによる承認であるものとみなす。契約が構成されなければならないという。
2.5 契約は、サプライヤーによって行われた任意の表現 (詐欺的な表示以外) の排除に当事者間の全体の合意を構成しています。お客様は、契約書に記載されていないサプライヤに対して、またはその代理として行われた、または与えられた声明、約束または表現に依拠していないことを認めます。
2.6 製品のおおよそのアイデアを与える唯一の目的のために製造されたサンプル、図面、説明事項、またはサプライヤーのカタログやパンフレット、またはウェブサイトに含まれる任意のイラストによって作成された広告それらで説明した。彼らは、契約の一部を形成したり、任意の契約上の力を持っていないものとします。
2.7 サプライヤーによって与えられた製品の見積書は、オファーを構成してはならない。見積は、発行日から30日の期間のみ有効です。

3. 製品
3.1 対象となる条項2.6 製品はウェブサイトに記載されています。
3.2 サプライヤーは、適用される法定または規制上の要件によって必要な場合、またはコンポーネントやその他の状況の著しい変化を得ることができない場合に、製品の説明を修正する権利を留保します。

4. 納品
4.1 サプライヤーは、商品の各納入が、注文の日付、関連するすべての顧客およびサプライヤの参照番号、製品の種類と数量 (製品のコード番号を含む) を示す納品ノートを伴っていることを確認しなければならない適用される場合)、および、注文が分割払いによって配信されている場合は、製品の残りの残高を配信する。
4.2 配達は、サプライヤーの敷地内で働くものとする。お客様は、製品が回収の準備ができていることをお客様に通知するサプライヤーの3営業日以内に製品を収集するものとします。お客様からの要請があった場合、サプライヤーはそのような運送に係る支払いまたは保険について責任を負わないものとし、お客様への収集と輸送を手配します。
4.3 製品の納入は、製造業者の構内における製品の搬入完了時に発生したものとみなす。
4.4 配達のために引用された日付はおおよそだけであり、配達の時間は本質ではない。サプライヤーは、不可抗力の事由により発生した製品の引渡しの遅延、または供給に関連する適切な出荷指示書またはその他の指示をサプライヤに提供しなかった場合、責任を負わないものとします。製品。
4.5 サプライヤーが製品の納入に失敗した場合、その責任は、(条項9.2.2 および10の対象となります) 利用可能な最も安い市場で同様の説明と品質の交換製品を入手する際にお客様が被った費用と費用に限定されるものとします、製品の価格が低くなります。
4.6 お客様が、製品の準備ができていることをお客様に通知するサプライヤーの3営業日以内に製品の納入に失敗した場合、不可抗力の事象または供給業者の障害によってそのような障害または遅延が発生した場合を除きます。契約の下の義務を使って:
製品の4.6.1 配達は、製品が回収の準備ができていることをサプライヤーが顧客に通知した日の翌日の4営業日後に 9.00 am で完了したものとみなす。そして
4.6.2 サプライヤーは、配達が行われるまで製品を保管し、関連するすべての費用と費用 (保険を含む) を顧客に請求しなければならない。
4.7 お客様がお客様に商品を収集していないことをお客様に通知した日から10営業日が経過した場合、サプライヤーは、製品の一部または全部を転売または処分することができます。
4.8 サプライヤーは、分割払いによって製品を提供することができます, これは、個別に請求され、支払われなければならない.割賦における配達または瑕疵の遅延は、お客様が他の割賦を取り消すことを資格とするものではありません。

5. 保証
5.1 納入業者は、納品日から12ヶ月の期間、製品が設計、材料、技量の材料欠陥から解放されることを保証します。
5.2 製品は、お客様から受領後10日以内に適切に拒絶されなかった場合、またはお客様により先に供給された場合には、受け入れられるものとみなされます。製品の拒絶は、仕入先の返品承認 (RMA) 手続きに従って行うものとします。すべての適切に拒否された製品については、サプライヤーは、英国に輸入のためのすべての料金を支払うものとし、お客様は、他の国にそのような製品の再輸入のためのすべての料金を支払うものとします。製品の故障のために働いていない受け取られるプロダクトのために、製造者は取り替えの部品を出荷するか、またはイギリスへのリターンの費用をカバーし、顧客に取り替えの農産物の郵送物を戻す。
5.3 製品の納入後12ヶ月の期間において、次のことが適用されます。
5.3.1 製品は障害を開発する必要があります、サプライヤーは、障害が技術的ではなく、オペレータのエラーであることを確認するために最初の行の電話サポートを提供します。
5.3.2 製造者が保証の問題をリモートで解決できない場合、製品はサプライヤのオプションで修理または交換のためにサプライヤに返送されることがあります。故障が設計、材料および技量の物質的な欠陥による場合だけ修理か交換は無料で提供される。障害がそのような材料の欠陥のためにされていない場合、サプライヤーは、修理または交換費用の顧客に通知しなければならない (ケースがありますように) と顧客は、修理または交換のためのサプライヤとの発注書を配置します (場合によっi 番のサプライヤ。顧客は、すべての輸送、保険、輸入税、関税、およびサプライヤに製品を送信する他のすべてのコストを支払うことになります。仕入先は、顧客に製品を返品する場合にのみ、輸送コストを支払います。顧客は輸入、税、義務および他のすべての費用を担当する。
5.4 すべての保証修理は、サプライヤーによって合意されたとして、新製品の製造とテストで使用される生産プロセスとしての技量の同じ高い基準を満たすために、サプライヤによって実行されます。
5.5 サプライヤーの保証は、以下の (制限なし) 除外されます。
sfp モジュールと sfp ケージ;
スクリーン、コネクターおよび制御ボタンを含むが、に限定されない偶発的な損傷、;
5.5.3 火災、洪水、天災による被害
5.5.4 は、サプライヤーから直接書面による指示がない限り、第三者または第三者の製品によって引き起こされる損害を賠償する。
誤った電圧が製品に適用されたり、間違った電源アダプタの使用によって引き起こされた5.5.5 の損傷。
5.5.6 は、非サプライヤーの承認を受けた代理人、組織または第三者によって修理または改変された製品です。
改ざん防止シールが取り外されたり破損した場合に発生する5.5.7 損害。
誤用または不十分な貯蔵施設によって引き起こされる5.5.8 損傷;または
5.5.9 フェアウェアと涙。
5.6 本条項5または条項9.1 に規定されている場合を除き、サプライヤーは、第5.1 項に規定する保証に従わない製品の障害に関して、お客様に対して一切の責任を負わないものとします。
5.7 これらの条件に記載されている場合を除き、法令、共通法または慣習によって暗示されるすべての保証、条件およびその他の条件は、法律で認められる最大限の範囲で、契約から除外します。
5.8 条項5.1 に記載されている保証は、保証期間の残りまたは修理または交換 (いずれか長い方) から3ヶ月間、サプライヤーから提供された修理または交換製品に適用するものとします。

6. タイトルとリスク
6.1 製品のリスクは、サプライヤーの敷地内での納品完了時にお客様に渡すものとします。
6.2 製品のタイトルは、サプライヤーが製品の全額とクリアされた資金で支払いを受けているまで、顧客に渡すものではありません。
6.3 商品のタイトルがお客様に渡されるまで、お客様は以下のものをご利用ください。
6.3.1 サプライヤーの者として受託者に基づいて製品を保持;
6.3.2 は、お客様が保有する他のすべての製品とは別に製品を保管し、サプライヤーの財産として容易に識別できるようにします。
本製品に関する特定のマークまたは包装を削除、改ざん、または不明瞭にすることはできません。
6.3.4 は、満足のいく状態で製品を維持し、それらが配達の日から彼らの完全な価格のすべてのリスクに対して保険を維持する;
6.3.5 は、条項8.2 に記載されているイベントのいずれかに従う場合には、直ちにサプライヤーに通知します。そして
6.3.6 は、サプライヤは、そのような情報をサプライヤーとしての製品に関連する提供することがあります時から必要に応じて、
しかし、顧客は、その事業の通常のコースで製品を使用または転売することができる。
6.4 商品のタイトルが顧客に渡す前に、お客様が条項8.2 に記載されているイベントのいずれかに従う場合、またはサプライヤーは合理的にそのようなイベントが発生しているかもしれないと信じて、顧客にそれに応じて通知し、顧客の権利を所有し、使用し、再販売する製品は、製品が再販されていないことを提供し、他の権利を制限することなく、またはサプライヤーが持っているかもしれない救済、サプライヤーはいつでも製品を提供するために顧客を必要とする可能性があります、お客様が速やかに行うことができない場合は、お客様または製品を回収するために保管されている第三者の構内を入力してください。
6.5 製品がお客様に納品された場合、そのタイトルにかかわらず、製品の価格に対する措置によって仕入先は支払を回収する権利があります。

7. 価格と支払い
7.1 商品の価格は、注文の日付におけるサプライヤーの書面による見積の流れに設定された価格、または価格が引用されていない場合は、配達の日におけるように力のサプライヤーの公開価格リストに設定した価格でなければならない。
7.2 サプライヤーは、お客様にいつでも14日までに通知することにより、配達前に、製品の価格を増加させることに起因する製品のコストの増加を反映するために:
7.2.1 供給者の統制を超えた要因 (外国為替変動、税金、関税及び関税の増加、労働、資材その他の製造コストの増加を含む。
お客様による納品日、注文品の数量または種類、または仕様を変更するための要求。または
7.2.3 は、お客様の指示またはお客様の障害によって生じた遅延を、サプライヤに適切または正確な情報または指示を与えるために利用します。
7.3 製品の価格は、製品の輸送の費用と料金の排他的です。
7.4 製品の価格は、付加価値税 (VAT) に関する金額の排他的です。お客様は、サプライヤーから有効な vat 請求書を受領した上で、製品の供給に関して課金される vat の点で、そのような追加金額をサプライヤに支払うものとします。
7.5 供給者は、お客様に対して、お客様に対して、お客様に対して、お客様の支払条件が承認されていない場合には、このような状況では、サプライヤは顧客に見積請求書を発行します。顧客は、VAT 請求書を受領する前に、見積請求書の金額を支払うことになります。お支払いの受領時に、サプライヤーは、お支払いに関してお客様に VAT 請求書を発行し、支払いの領収書を確認します。
7.6 納入業者が納品前に見積請求書を発行していない場合、納入業者は納品完了後、またはいつでも顧客に対して製品の請求を行います。お客様は、このような VAT 請求書を、請求日の30日以内、または当事者が書面で合意した他のクレジットの期間内に全額支払うものとします。お支払いは、サプライヤーによって書面で指名された銀行口座に行われるものとします。支払の時間は本質である。
7.7 お客様が支払期日 (「期日」) による契約のもとでの納入業者による支払いを行わなかった場合、サプライヤーは、お客様が HSBC PLC のベース ra を上回る年率 4%(4%) の割合で延滞金額に利息を支払う必要があります。te は、時間から時間まで。このような利息は、期日から延滞額の実際の支払日までの日単位で発生するものとします。お客様は、延滞金額とともに利息を支払うものとします。
7.8 お客様は、法律で義務付けられている場合を除き、控除または源泉徴収なしに全額契約の下ですべての金額を支払うものとし、顧客は、正当化するために、サプライヤに対して任意のクレジット、オフまたは反訴をアサートする権利を有しないものとする全体または一部のそのような金額の源泉徴収の支払い。

8. お客様の倒産または無能と解約
8.1 お客様が条項8.2 に記載されているイベントのいずれかの対象となった場合、またはお客様がそれらのいずれかの対象となる可能性があると合理的に判断し、その他の権利や救済を制限することなく、顧客にそれに応じて通知する場合サプライヤーが利用できる場合、サプライヤーは、お客様に一切の責任を負うことなく、お客様とサプライヤーとの間で契約またはその他の契約の下ですべてのそれ以上の納入を取り消すか、または中断することができ、製品の尊重のすべての未処理の合計お客様にお届けするものとします。
8.2 条項8.1 の目的のために、関連するイベントは次のとおりです。
顧客が中断するか、または中断することを脅すか、または負債を支払うことができないか、または負債を支払うことができないことを是認するか、または (会社である) 破産法198のセクション123の意味の内で負債を支払うことができるとみなされない6、または (個人であること) は、いずれかのケースでは、破産法1986のセクション268の意味内で、または (パートナーシップである) 彼の借金を支払うことができないとして、またはそうするの合理的な見通しを持っていないとみなされ、上記の
8.2.2 顧客は、債権者のすべてまたはすべてのクラスとの交渉を開始し、その債務のいずれかを再スケジューリングするか、またはのための提案を行うか、または任意の妥協またはその債権との取り決め (お客様が会社である) 以外に入ると、これらイベントは、1つまたは複数の他の企業や顧客の溶剤の再構築と顧客の溶剤の合併のためのスキームの唯一の目的のために行われます。
8.2.3 (会社である) 請願書が提出され、通知が与えられ、決議が可決されるか、顧客の巻き上げに関連して、1つまたは複数の othe を持つ顧客の溶剤の合併のためのスキームの唯一の目的のため以外に、注文が行われます。顧客の r の会社か溶媒の再建;
8.2.4 (個人であること) 顧客は破産の嘆願書または順序の主題である;
8.2.5 債権者または encumbrancer の顧客の添付または占有、または苦痛、実行、隔離またはその他のそのようなプロセスが課税または強制されるか、その資産の全部または一部に対して訴え、またはそのような添付ファイルまたはプロセスが排出されていない14日以内;
8.2.6 (会社であること) 申請は、管理者の選任又は管理者の選任の意思表示のために裁判所に対して行われ、又は命令が行われ、又は管理者がお客様に任命された場合
8.2.7 (会社であること) お客様の資産に対するフローティング・チャージ・ホルダーは、管理者の選任または任命を受ける権利を有するものとなっています。
8.2.8 者は、お客様の資産に対して受取人を選任する権利を有するものとし、または、お客様の資産に対して荷受人を任命することができる。
8.2.9 は、いかなる事象が発生した場合においても、お客様に対して、その効力を有するものと同等又は類似のものであることを条件とする場合において、8.2.8 (包括) 項に規定するものとする。
8.2.10 は、お客様が中断し、停止する恐れがある、またはその事業のすべてまたは実質的に全体を運ぶために停止する恐れがあります。
8.2.11 お客様の財務状況は、サプライヤーの意見において、契約の下での義務を十分に履行する顧客の能力が危険にさらされるような程度に悪化する。そして
8.2.12 (個人である) 顧客は死ぬか、または病気または無能力の理由によって (かどうか精神または物理的)、彼/彼女自身の出来事を管理するか、またはあらゆる精神衛生の立法の下の患者になる無能である。
8.3 のいずれかの当事者は、そのような期間が非 payme の場合には30日になることを保存して違反が是正されることを要求する違反ではない当事者から書面による通知の90日以内に是正されていない場合は、相手方によっ顧客によって nt。
8.4 契約の終了は、しかし、発生、当事者の権利とは、終了時に計上されている救済のいずれかに影響しないものとします。明示または含意によって契約の終了を存続させる条項は、完全な効力を継続しなければならない。

9. 責任の制限
9.1 これらの条件において、サプライヤーの責任を制限または除外するものはありません。
その過失に起因する死亡または人身傷害、またはその従業員、代理店または下請業者の過失 (該当する場合);
9.1.2 詐欺または不正不実;
製品の販売のセクション12によって暗黙の用語の9.1.3 違反 1979;
消費者保護法1987の下で9.1.4 欠陥製品;または
9.1.5 は、法律によって除外または制限することができないその他の問題を排除する。
9.2 対象条項 9.1:
サプライヤーは、契約、不法行為 (過失を含む)、法定関税違反、またはその他の利益の損失、収益の損失、事業の損失、のれんの枯渇、予想される貯蓄の損失、無駄にするかどうか、お客様に責任を負わないものとします。管理時間、または契約に関連して生じる間接または結果的損失。そして
9.2.2 は、契約、不法行為 (過失を含む)、法定関税違反、またはそれ以外の場合は、本契約に関連して発生したイベントまたは一連の接続されたイベントに関して、お客様に対するサプライヤの全責任を負うものとします。製品または£2万の価格の 105% (いずれか大きい方)。
9.3 サプライヤーの取締役、役員及び従業員は、第9.2 項に定める免責及び責任の制限の利益を有するものとする。

10. 不可抗力
いずれの当事者も、不可抗力の事由によってそのような障害または遅滞が生じた場合には、契約に基づく義務の履行の不履行又は遅滞について責任を負わないものとします。「不可抗力事象」とは、ストライキ、ロックアウトまたはその他の産業紛争 (自らの労働力または第三者の関与を問わず)、エネルギー源または輸送ネットワークの障害、神の行為、戦争、行為を含む、当事者の合理的な統制を超えたあらゆる事象をいう。テロやテロ行為の脅威、暴動、民事騒ぎ、法的規制、民事または軍事当局による干渉、国内または国際的な災難、武力紛争、悪意のある損害、事故、禁輸、工場や機械の内訳、核、化学または生物学的汚染、ソニックブーム、爆発、建物の構造の崩壊、火災、洪水、嵐、地震、海での損失、流行や類似のイベント、自然災害や極端な悪天候の条件、またはサプライヤーのデフォルト下請け 業者。

11. 一般
11.1 割り当てと外注。
11.1.1 は、いつでも、契約の下で、その権利または義務のすべてまたはいずれかの他の方法で、譲渡、請求、下請けまたは契約を割り当てることができます。
11.1.2 お客様は、不当に源泉徴収または遅延してはならないサプライヤーの書面による事前の同意なしに、契約の下でその権利または義務のすべてまたはその他の方法で譲渡、移転、請求、下請または契約することはできません。
11.2 通知。
11.2.1 契約に基づき、又は本契約に関連して当事者に与えられた通知その他の通信は、その登録官庁 (会社である場合) 又はその主たる事業所 (その他の場合) 又はその他の住所について書面によるものとする。 当事者は、この条項に従って書面で相手方に指定されている可能性があります, 手で配信されるもの, プリペイドファーストクラスのポストによって送信, 配信を記録, 商業宅配便, ファックスまたは電子メール.
11.2.2 通知その他の通信は、受領されたものとみなす: 手で送達されたときは、11.2.1 に規定する住所に残されたとき。事前に送信された場合は、最初のクラスのポストまたは配信を記録、9.00 am で2営業日後に投稿;商業宅配便で配信された場合, 日付とその時点で宅配便の配達レシートが署名されている;または、ファックスまたは電子メールで送信された場合、送信後1営業日。
11.2.3 この条項の規定は、いかなる法的措置においても、手続その他の書類のサービスには適用されないものとします。
11.3 退職。
11.3.1 裁判所又は主務官庁は、契約の規定 (又は規定の一部) が無効、違法又は執行不能であると認めるときは、その規定又は一部の規定は、必要な限度において、削除されるものとみなされ、かつ、その効力及び契約の他の規定の強制力は影響を受けないものとする。
11.3.2 契約の無効、執行不能、または違法な条項が有効で、執行可能であり、法的効力がある場合には、その一部が削除された場合、その条項は、法的、有効かつ強制力のあるようにするために必要な最小限の変更を適用するものとします。
11.4 放棄。契約の下で権利または救済の放棄は、書面で与えられた場合にのみ有効であり、それ以降の違反またはデフォルトの放棄とみなされないものとします。契約または法律によって提供される権利または救済措置を行使する当事者による障害または遅延は、そのまたはその他の権利または救済の権利放棄を構成するものとし、またそれがそのまたはその他の権利または救済のそれ以上の行使を排除または制限そのような権利または救済の単一または部分的運動は、そのまたはその他の権利または救済のそれ以上の運動を妨げたり、制限しなければならない。
11.5 第三者の権利契約の当事者でない者は、条項9.3 に規定されているとおりに、またはそれに関連して保存する権利を有してはならない。
11.6 をオフに設定します。サプライヤーは、いつでも、それが持っている可能性があります他の権利または救済を制限することなく、任意の金額は、顧客に対して、サプライヤによって支払う任意の金額に対して、それに起因するオフに設定することができる。
11.7 バリエーション。これらの条件に定められた場合を除き、追加の条件の導入を含む契約へのいかなる変動も、サプライヤーの取締役によって書面で合意された場合にのみ拘束しなければならない。
11.8 準拠法及び管轄裁判所本契約、およびそれに関連してまたはその主題または形成 (非契約上の紛争または請求を含む) に起因する紛争または請求は、英国法に準拠して解釈され、かつ、当事者が取消不能に提出するものとします。イングランドとウェールズの裁判所の専属管轄権に。